カレンダーの記念日にカレンダーを買う

一昨日、いつも使っているのと同じタイプのカレンダーを
買いました。もちろん来年の。

ちょっと過ぎてしまいましたが、12月3日が「カレンダーの日
という記念日であることを、みなさんはご存知でしょうか。

現在日本では太陽暦が当たり前のように浸透していますが、
これは1872年(明治5年)からの話。
それまでの日本は太陰太陽暦ですべてが動いていました。

この年に政府が「来る12月3日を新暦(太陽暦)の明治6年
1月1日とする」なんて発表したから、さあ大変。
混乱を招いたのはもちろんですが、庶民の生活としては
新暦になって以降も、しばらくずっと太陰暦で動いていた
そうです。

なので、この日にちなんで12月3日はカレンダーの日に制定
されたんですね。

しかしなぜ、大混乱が起こることをわかっていながら
日本政府が太陽暦を推したかというと、当時すでに諸外国では
太陽暦が採用されていたため、外交上足並みをそろたい
という思いから。
また、日本国が文明国家になったことを海外に向けて広く
アピールするためという意味もありました。

いまだに元号が変わる時には軽く混乱が起こるのに、太陰暦
から太陽暦への変換なんていったら、そりゃあ庶民がびっくり
するのは当たり前ですよね。感覚的にそれまでの季節の移り
変わりとズレることになりますから。

この時代に替えておいてくれて良かった。
そう思うと、そんな由来のある記念日に買った私の卓上
カレンダーも、不思議とありがたく見えてきます(笑)。